東京ディズニーシーにストーリーテラーズ像がやってきた!!

シェアする

TDSにストーリーテラーズ像がやってきたということで早速観てきました。

ストーリーテラーズ像はディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーがリニューアルされてブエナ・ビスタ・ストリートが登場した時に登場したものです。詳しい経緯やパートナーズ像との関係など興味深い話はdpost.jpさんの記事で詳しく紹介されています。

お昼ぐらいにTwitterを見て初めて知ってかなり驚いて、これは今日中に見てみたい!と思って、夜見に行ってきました。
場所はエントランスのステージのノースチケットブース側の横です。

東京ディズニーシーのストーリーテラーズ像

東京ディズニーシーのストーリーテラーズ像

すぐ横にはザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーから30周年を記念して寄贈されたことが書かれているメッセージがあります。オリエンタルランドとディズニー社の二人三脚で30年間ハピネスを提供してきたこと、東京ディズニーシーという日本オリジナルのパークを創りあげてきたことを思うと胸が熱くなりました。

ストーリーテラーズ像の寄贈メッセージ

ストーリーテラーズ像の寄贈メッセージ

後ろから見るとこんな感じでアクアスフィアの方を向いています。日本オリジナルのパークを創ることになった経緯や、イマジニアとオリエンタルランドの議論の末、ここにアクアスフィアを創ることになった話を思い出すとなおさら感慨深くなりました。高橋政知さんも空の上から、さぞ喜んでらっしゃるでしょうね。

アクアスフィアを望むウォルトとミッキー

アクアスフィアを望むウォルトとミッキー

まだ若き日のウォルトとミッキー。いまだにこれが東京ディズニーシーにあるのは信じられません。

若き日のウォルトとミッキー

若き日のウォルトとミッキー

もしかして夜だと暗くて見えないかな?と若干の不安を抱きながら行ったのですが、さすがにきちんとスポットライトが設置されて夜でも明るく二人を照らしてくれていました。

ストーリーテラーズ像を照らすスポットライト

ストーリーテラーズ像を照らすスポットライト

昨日もシーに行ったのですが、この場所が囲われてなにか作業をしてたようですが、まったく気が付きませんでした…
一晩にしてこの像が現れるのは、まさにディズニー・マジック!30周年で一番のサプライズのように感じですね。そして、また東京ディズニーシーの魅力がひとつ増したようで東京をホームリゾートとするものとして誇らしく感じました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. KoZ より:

    こんにちは。

    広角でアオリの構図は良いですねぇ。こんど撮ってみよ(笑
    Wi-Fiリモコンでセッティングするかセルフタイマー使って本人は離れて撮れば、影も映り込まずにイケるかな??

    そう。撮影者の影。
    全身像を撮ろうとすると、けっこう撮影者の影が邪魔になってしまうんですよね。

    また、4枚目の腰から上の写真のように、背景によって「ギロチン」「ヤキトリ」になりやすく、こだわるとけっこう難しい被写体じゃないかと思い始めてます。

    • yoshi より:

      こんにちは〜。

      自分の影、気になりますね。いろいろ試行錯誤した結果、一番影が出にくいこの画に落ち着いた感じですw ちょろちょろと他のゲストが来るので、その合間に思い通りの画をササッと撮る術も必要ですね〜