スローシャッターで楽しむTDSの夜景

シェアする

2008年9月からパークでの三脚持ち込みが禁止になってからもう4年半。海外のパークのキレイな夜景を見ていたら、シーの夜景をスローシャッターで撮ってみたくなりました。ということで、習作を撮ってみました。

工夫が必要なパークの夜景撮影

いつものようにカメラはEOS 6D+ EF24-105mm F4L ISです。
パーク内で1秒以上の露光をするには、

  • 手摺や柵などを使って手振れを少なくする。
  • ミラーアップや2秒タイマーを使ってシャッター時のブレを少なくする。

といった工夫をしてみました。
とりあえず、シャッター優先でISO800に固定して試してみました。

EOS 6D | EF24-105mm F4L | 1秒 | F4.5 | ISO800

EOS 6D | EF24-105mm F4L | 1秒 | F4.5 | ISO800

スローシャッターだから得られる夜景

今時のカメラは高感度ノイズも少なく手ぶれ補正も強力なので、普通の夜景なら手持ちでも充分に取れますが、人物の動きを表現するのはスローシャッターの醍醐味かと思います。

EOS 6D | EF24-105mm F4L | 1秒 | F4.0 | ISO800

EOS 6D | EF24-105mm F4L | 1秒 | F4.0 | ISO800

制限される構図

ただ、手摺、柵など固定するものが必要なので、どうしても構図は制限されてしまいます。制限の中で、いかに工夫するかが、難しいところでもあり、楽しいところかもしれませんね。

EOS 6D | EF24-105mm F4L | 1秒 | F5 | ISO800

EOS 6D | EF24-105mm F4L | 1秒 | F5 | ISO800

EOS 6D | EF24-105mm F4L | 0.6秒 | F5.6 | ISO800

EOS 6D | EF24-105mm F4L | 0.6秒 | F5.6 | ISO800

縦位置の場合は安定しないの最後の1枚だけ0.6秒です。
もっと明るいレンズで低ISOで撮ればまた違うと思います。また、今回は2秒タイマーで撮りましたが、EOS 6Dはスマホからのリモートシャッターを使えば、もう少し露光時間を長くできそうかと思いました。またチャレンジしてみたいと思います。

もう叶わぬ夢ですが、いつか三脚を使って、世界で一番美しいパーク東京ディズニーシーの夜景を撮ってみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする