Walt Disney World 2012 – 2013 旅行記 1日目(オーランドへ)

シェアする

記憶が薄れないうちに、年末年始のWDW旅行記をまとめておこうと思います。TwitterやInstagramへ投稿した写真をもとに再編集して、ちょろちょろと新しい写真も追加していこうと考えています。

出発の朝

2012年12月26日。約7年ぶりのWDWへの出発の朝。今回の旅は、成田発ワシントンDC経由でオーランドに向かいます。
成田まではいろいろ考えた末、一番近くて便利なのが舞浜からのリムジンバスだったので、ディズニーランドホテルから出発することにしました。
出発といえば、「ボンヴォヤージュ」ということで、ここから旅がスタートです。


舞浜周辺からのリムジンバスはオフィシャルホテル、パートナーホテル、ランド、シーを巡回して、乗客を拾ってから成田に向かいます。舞浜駅からだとディズニーランドのバス停が一番近いのですが、ランドホテルから乗ることにしました。理由はホテル内で乗車券が買えたり、バスが来るまで荷物を預かってくれたり、なによりも暖かいロビーで待てるというのが大きいです。

そんなランドホテルに向かうとき朝焼けのなか、ホテルの向こうには富士山が!出発前からとてもキレイな景色を見ることができました。

成田からいざ出発!

舞浜からは1時間もせずに成田空港に到着。今回はユナイテッド航空でチケットを個人手配したのですが、全日空との共同運航便なので、まずは全日空でワシントンDCに出発です。
どうやらこのクマも一緒に行くみたいですw

雪のワシントンDCに到着

成田を出発して12時間半。それにしてもアメリカの東海岸に向かう飛行機は長いですね〜。なかなか着かないなぁと思いながらも定刻通り、ようやくワシントンDCに到着。現地はなんと雪。

オーランドへの乗り継ぎ便が30分程度、遅れていましたが、無事に乗り継ぎも完了して、いよいよ7年ぶりにオーランドの地を踏むことになります。

The happiest airport on earth!!

ワシントンDCからは2時間ちょっとでオーランド国際空港に到着。
モノレールに乗って、空港のメインターミナルに着くと最初に迎えられるのがコレ!!


7年ぶりに再会したこのソーサラーミッキーを見てちょっと感極まりそうになりました。改めてこのミッキーを見て、やっぱりここは「世界で最も幸せな空港」だなぁと思ったりしながらも、とりあえず、マジカルエキスプレスに乗って、荷物をピックアップしてホテルに向かいます。

後半へ続きます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする