ファンダフル・ディズニー ファンパーティー2008

記事をシェア

今年もファンダフル・ディズニーのパーティーに行ってきました。
ショーの簡単なレビューとパーティー用のオリジナルセットメニューとプレゼントについてご紹介します。
9月もまだ公演が残っているので、続きからどうぞ。


今年で4年目になったファンパーティー。会場もシーのブロードウェイ・ミュージックシアターだけになり、おまけにショーの撮影も禁止になりました。
そのためか、ゲストの集まりも少しゆっくり目な感じで、10時からのショー開演で、9時20分頃に会場に到着しましたが、会場の埋まりは全体の3分の1ぐらい。場所を選ばなければまだまだ、前方にも座れる感じで、実際には前から4列目の一番外側の通路沿いに座れました。最終的には1階席はほぼ埋まっていたような気がします。
ショー自体は、昨年と同じコンセプトで過去のショーやパレードを振り返る内容。
一番最初は、20周年のリメンバー・ザ・ドリームと全く同じ、ミッキーセーターのダンサーのキッズ・オブ・ザ・キングダムからスタート。そのあとは、この手の振り返りモノでは定番のミッキーマニア、クラブディズニーと続く展開。
続いては、パレード系が中心で、ファンティリュージョンやディズニーカーニバル、ブレイジングリズムなど、15~20周年近辺を知っている人には懐かしい内容となってました。
ショーの最後は、25周年らしく、城前のアニバーサリーグリーティングでも歌われていた、「Share a Dream Come True」から「The Dream Goes On」という流れでフィナーレ。
15周年頃からハマリ始めてた自分には、ちょうど良い懐かしい内容でした。
ショーの完成度としても昨年は過去2回より満足度が高いと書きましたが、今年もそれと同等か上回る内容かと思います。
まあ、振り返り系はハズレが少ないということかもしれませんね。
続いてプレゼント。パーティー会場の入り口ではチャームセットが渡され、セットメニューにスーベニアカップが付いてきます。



セットメニューのほうは、パンチェッタとポテトのスパゲッティ、ジェノバソース、グレープ&マスカットゼリーにソフトドリンクのセット。
パスタはパンチェッタの塩味で美味しい一品でした。欲を言えばサラダぐらいは欲しかったですね。



今年は撮影禁止ということもあってか、比較的当選しやすくなったようになったりと、4年間いろいろと試行錯誤してきて感じですが、今回のやり方が落としどころなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

記事をシェア

フォローする