シー散歩 with NEX-5 (1)

記事をシェア

以前からいわゆる「レフなし一眼」が欲しいなーと思っていたので、ソニーのNEX-5を買いました。
購入のポイントは2つあって、一つは、これだけ持ってシーを散歩したら楽しそうだなーと思ったのと、もう一つは、ASP-Cセンサーによる夜景撮影の期待です。特に後者は三脚禁止後のパークでは結構重要ですよね。
夜景はもう少し試行錯誤が必要そうなので、とりあえず、16mmパンケーキ(SEL 16mm F2.8)1本でシーを1周してみました。
このカメラ、キットレンズがイマイチという評判なんですが、今回はその中でも開放(F2.8)がどんなもんか?ということで、すべて開放の写真を載せてます。

若干、甘いかなぁという気もするけど、これくらいなら個人的には満足なレベル。
モデル: ソニー NEX-5
レンズ: SEL 16mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 16mm



開放だと周辺が流れるという評価はそのとおりかと思います。まあ、これも許容範囲かと。
モデル: ソニー NEX-5
レンズ: SEL 16mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/4000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 16mm


残りは続きからどうぞ。



NEXの特徴でもあるバリアングルは、こういうときに有効ですね。
モデル: ソニー NEX-5
レンズ: SEL 16mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/1250 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 16mm



開放のボケはこんなものですという作例です。
モデル: ソニー NEX-5
レンズ: SEL 16mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/2500 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 16mm
実際に1周してみて、とにかく軽いのが楽で、予想通り撮るのが楽しいカメラでした。
どんだけ需要があるか分かりませんが、HDRとかスイングパノラマも試してみたので、また紹介したいと思います。

スポンサーリンク

記事をシェア

フォローする