ワンス・アポン・ア・タイム 〜ウィンターエディション を最前列で観てみました!(動画あり)

記事をシェア

いつかは一番前で観てみたいなぁ〜と思っていたワンス・アポン・ア・タイム。先日の抽選で遂に当たってしまいました!一生に一度かも?しれないこの席から撮ったワンス・アポン・ア・タイムの様子をご紹介します。最後に動画もあります。

現在、ワンス・アポン・ア・タイムはアナと雪の女王のシーンを取り入れた「ウィンターエディション」ということで、冬場の閑散期にも関わらず週末には結構なゲストの数で、抽選の当選確率も下がりこの日も諦めモードで抽選をしてみたら、なんと当選!当選すると飛び出てくる座席指定券には「C-1-10」という文字を見た時は目を疑いました。
ちなみにこれが当選券。C-1-10というと「最前ドセン」と言われる席ですね。

ワンス当選券

ワンス当選券

14時半に当選してから、ドキドキしながら待つこと3時間。遂にこの席に座る時がきました。座ってみると、目の前には誰もいないシンデレラ城。この最前列からショーを見るゲストがワールドバザールまで連なっていると思うと、まあ気持ち良いです(笑)

ショースタート前のシンデレラ城

ショースタート前のシンデレラ城

実はパークに行く時には、いつかワンスの最前列が当たったときに後悔しないように。必ず広角レンズを持っていくようにしていました。実際にこの席から16mmで撮るとシンデレラ城は入りますが、左右の塔は入れることはできませんでした。左右の塔まで入れるにはフィッシュアイが必要ですね。

16mm端で撮った最初のパイロ

16mm端で撮った最初のパイロ

ワンスのショー自体は基本的にはシンデレラ城のプロジェクションマッピングで、シンデレラ城の後ろからのパイロが中心なので、カメラの向きは横向きより縦向きの方が多くなります。縦向きで16mm側で撮るとシンデレラ城前の広場からお城まで、最前列らしい迫力ある絵になりました。

16mm 縦向きで撮ったワンス

16mm 縦向きで撮ったワンス

最前に限らず中央からショーを撮る時は、どうしても日の丸構図になりがちです。そんな中でも何枚か構図を変えて撮ってみたら、写真を取り込んでから気が付いたのですが、オリオン座が一緒に映るちょっとロマンチックなシーンも撮れました。

ラプンツェルのラストシーンとオリオン座

ラプンツェルのラストシーンとオリオン座

運良く今の時期しか見られない「ウィンターエディション」でこの席が当たり、アナ雪シーンもこの場所から観ることができました。イベント開始時にはテレビ・メディアなどでたくさん映像が流れてきていたのを見ていて、エルサの手から魔法が出るのに合わせてパイロが上がる瞬間は絶対に撮りたいと思ったシーンです。

エルサの魔法に合わせて上がるパイロ

エルサの魔法に合わせて上がるパイロ

あとはこのエルサのドヤ顔で迫ってくるのも見どころですね。

ドヤ顔で迫るエルサ

ドヤ顔で迫るエルサ

アナ雪シーンは遠くから観ると、アナとエルサしか出ていないように見えますが、最後にオラフとスヴェンもちょっとだけ登場します。

アナ雪シーン最後のオラフとスヴェン

アナ雪シーン最後のオラフとスヴェン

という感じで20分弱の最高のワンスを観ることができました。たぶんもう2度と当たらないこの位置だったので、動画も撮ってみましたのでどうぞ。カメラはDSC-RX100M3で回しっぱなしです。残念ながらシンデレラ城の上までは入りませんでした〜