ディズニー・クルーズライン「SENSES SPA&SALON」で大人のリラックス体験

ディズニー・マジック号 レインフォレスト

ディズニー・クルーズラインに乗船すると、キャラクターグリーティングやショー、ダイニングなど楽しみが多くて忙しいですよね。
忙しい中でも、ちょっとした空き時間を使って、ゆったりとした時間を過ごせる空間を過ごせる場所「SENSE」はオススメです。

フィットネスやエステ、マッサージなどのカップルや男性も楽しめる多彩なメニューも揃っているエステはもちろん、毎日の疲れを癒やしてくれる「レインフォレスト」は、長期航路や2回目以降のクルーズではぜひ体験しておきたい場所です。

出港前は自由見学が可能

乗船してから避難訓練までのあいだに、船内の様々な施設で「オープンハウス」と呼ばれる自由見学の時間があります。

この時間は、通常では予約客のみが入ることができるエステサロンエリアや、後ほど詳しく紹介するサウナ「レインフォレスト」を見学できます。
入口のスタッフに声を掛けると、各スペースを順番に案内してくれました。

眺めが最高なフィットネスルーム

SENSES フィットネスルーム

ディズニー・ワンダー/マジック号では、船の最先端部分に位置するフィットネスルーム。

窓の前にあるランニングマシンからは、船が進む海原を一望できます。
他にも、筋トレマシン、バランスボールやヨガマットなどを自由に使うことができるので、毎日のブッフェで食べ過ぎた体をリフレッシュするのもいいですね。

時間帯によって、ヨガやピラテティスなどの教室が開催されることもあります(要事前予約の場合あり)。

フィットネスの利用は無料。更衣室やシャワーも誰でも使うことができるので、活用しない手はないですね!

高級感のある施術室

SENSES エステルーム

高級感のあるエステサロンエリアは、大きな窓のある開放的なお部屋で、ペアでトリートメントを受けることもできます。

痩身、美肌、アンチエイジングなど、目的に合わせたエステメニューの紹介などもしてくれました。

日本のエステやマッサージと比べるとかなり高めのお値段ですので、とても贅沢な体験です。

ネイルサロン

SENSES ヘアサロン

ネイルサロンは、ネイルの施術スペースと一緒にヘアカットや顔剃りをしてくれるバーバールームもあります。

ネイルを施術してもらっている間に、男性も散髪やシェービングで整えてもらうことも可能ですね。

寄港地での疲れを癒すレインフォレスト

ディズニー・マジック号 レインフォレスト

今回、ディズニー・マジック号のSENSESでもっともお世話になったのが、レインフォレストと呼ばれるサウナルーム。

料金は、2人ペアで193ドル。7泊の乗船中いつでも好きなだけ利用することができます。申し込むと、スパの受付でKey to the world カードと引き換えに専用のリストバンド型キーを借りて入ります。

男女共用なので、水着着用で利用します。

2種類のサウナルームでリフレッシュ

レインフォレストには2種類のサウナ「Mild Steam room」と「Aromatic Steam Room」があります。

Mild Steam roomは、アロマテラピーのようないい香りのミストが漂う比較的低温のサウナ。広いので、人が少なければタオルを敷いて寝転がったり、軽くストレッチをしてリラックスできます。

もう一つのAromatic Steam Roomは、ロウリュウのような高温スチームが出るサウナで一気に体が温まります。

レインフォレスト内のシャワースペース

スパの受付で数種類の香りのスクラブをもらうことができ、サウナ内でマッサージをすると本当にツルツルになりました!サウナから出たら、水温や水の出方が違う3種のシャワーで汗を流してスッキリ。

我が家にも欲しいほかほかベッド

レインフォレスト ほかほかベッド

この波型のベッドは全体がほんのりと暖かく、寝転がると岩盤浴のように体がほぐれます。

サウナで体を温めた後、このベッドに寝転ぶとすぐにウトウトしてしまう極上の体験でした。

フルーツウォーターで水分補給

サウナに入った後の乾いた喉は、レインフォレスト内に置かれたフルーツウォーターで潤すことができます。
普通の水と日替わりでレモンやキュウリなどのフルーツウォーターが置かれているので、自由に飲んでリフレッシュできます。

予約は乗船したらすぐに!

レインフォレストは、1回の航海で限られた人数しか受け付けていません。
サウナエリアや限られた数のベッドを順番待ちなく利用できるようにするための配慮ですね。

乗船したら避難訓練の前までにはSENSESに向かって予約しておくのがオススメです。

まとめ

大人と子供の場所がはっきりと分かれているのはDCLの魅力の一つ。
毎日、たくさんのイベントがあるのでスパでゆっくりと過ごすのは長い航路でないと難しいかもしれません。

しかし、デッキの喧騒を忘れてリラックスできる時間は最高に贅沢な船内アクティビティでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です