ミッキーのレインボー・ルアウ ショー&レストランレビュー

東京ディズニーランドのアドベンチャーランドにあるショーレストラン「ポリネシアンテラス」。
ディナータイムに開催されている「ミッキーのレインボー・ルアウ」は、東京ディズニーリゾートの特別な一日にふさわしい素敵なショーを鑑賞しながら食事を楽しめます。この記事では、ショーに登場するキャラクター、メニュー、ショーの内容をご紹介します!

南国の雰囲気あふれるレストラン

名前の通り、ポリネシアがテーマのレストランなので、門をくぐると南国をイメージした植栽や音楽がゲストをお迎え。
お隣のアトラクション「魅惑のチキルーム アロハ・エコモ・マイ」同様、冬でも心なしか暖かさを感じます。

食事はショーの合間に!

席に案内されると、テーブルには前菜とウェルカムドリンク「ポリネシアン・パンチ」が用意されているので、すぐに食事がスタート。
ドリンクはおかわり自由でテーブル上にドリンクメニューから選ぶことができます。もちろん、ポリネシアン・パンチもおかわり自由!

前菜を食べていると、オープニングのショーがスタート!オープニングが終わると一旦ショーはお休みになってメインのお料理、デザートが登場します。

メインはローストポークと白身魚
デザートはオレンジゼリー

後半のショーまでは時間があるので、この間にメイン、デザートを食べておくと、後半のショーをゆっくり鑑賞できます。

「お祝い」がテーマの賑やかなショー!

オープニングのショー途中で、出演者が今日がどんなお祝いの日なのか聞きに各テーブルを回ってきてくれます。誕生日や記念日など、特別なことがあれば、それを伝えれればOK!
もちろんなくても大丈夫。「お友達と集まれた」「毎日仕事を頑張る自分に」「子供の成長」など、気軽に伝えてみましょう。

後半のショーが始まると、キャラクター達がポリネシアの国々の踊りやアイテムでお祝いしてくれます。

レインボールアウ・ミニー
ミニーは、ハワイ語でお誕生日を祝ってくれます。ティーリーフのスカートがとっても可愛いですね。
レインボールアウ・クラリス
クラリスはタヒチアンキルトを使って記念日のお祝い。
チップとデールは出会いを祝って、ニュージーランドの伝統舞踊を披露。

最後のお祝いはミッキーとサモアのダンス

最後はミッキーが披露するのは、サモアのダンス! 全身を使った迫力のあるダンスを、最後はゲストも立ち上がって一緒に踊り盛り上がります。

エンディングでは、レインボー・ルアウの名前にふさわしい、ステキな演出が待っています。ぜひ会場で体験してみてください。

特別な記念日にぴったり


今回、ショー内容を知らずに行ったのですがたまたま誕生日シールをつけて来園していたため、ステージで名前を呼んでもらうことができました!

お祝いにはぴったりな「ミッキーのレインボー・ルアウ」は、パークでの誕生日や記念日に予約すると、大切な記念日の思い出になりました。

キャラクターは各テーブルを回ってきてくれるものの、一緒に記念撮影やサインをもらう時間はないので、記念撮影をお望みなら、同じレストランのランチショー「リロのルアウ&ファン」もオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です